ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>精神症状>鬱や睡眠障害のあった、練馬区の男性。
精神症状

鬱や睡眠障害のあった、練馬区の男性。

ウツで四ヶ月休んで、仕事場には半年復帰。

みたいな感じを繰り返していたという四十代男性。

 

もう二年間、

二週おきに通ってくださっており、

この間は順調に生活していらっしゃいます。

 

特徴としては、

体幹部の硬さでしょうか。

 

はじめ肋骨がかたまったように動かなくて、

印象としては、

息を殺しているような雰囲気でした。

 

そういう意味では、

体幹部に柔軟性をつけていって、

呼吸が大きく深く入るようにしてゆけば、

じゅうぶん身体からのアプローチも可能だと思います。

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15