ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>肩痛>右肩関節の前側が痛い、江戸川区の男性。
肩痛

右肩関節の前側が痛い、江戸川区の男性。

こちらは五十代男性。

このクライアントも右肩が痛いということでした。

 

なにより特徴的なのは、

右の肩前から力こぶにかけての筋肉の硬直です。

肩自体をひっぱってしまっていて、

右肩を前に突き出したかのような姿勢で、

仰向けで寝ても右肩だけが浮くような、

不自然な姿勢です。

 

しかし、

現場的にはとても多い姿勢で、

きっとパソコンのマウス疲れなんだと思います。

 

筋肉というのは動かしていても疲れますが、

同じ姿勢を保っているときが一番疲れます。

 

マウスをにぎって、

押さないでおく姿勢をとってみてください。

きっと右肩の前から力こぶ、人差し指にかけて緊張が走るだろうと思います。

 

ですからこのクライアントには、

鍼のオファーもありましたので、

肩から力こぶ、

そこを動かしている大本であるうなじのあたりにかけて、

ストンストンストンと鍼をうって、

しばらくそのまま。

 

その間、

内臓の調整などを加えながら。

 

その後、

しっかり筋肉が緩んだところで肩の関節を動かして解消。

 

痛みはもうなくなっていましたが、

まだ少し肩は前に出ていらっしゃいましたので、

マウスパッドなどを提案いたしました。

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/11