ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>腰痛>仰向けで骨盤が痛い、新宿区中落合の女性。
腰痛

仰向けで骨盤が痛い、新宿区中落合の女性。

仰向けで右側の骨盤が痛いというおばあちゃん。

 

もう何十年も前に尾てい骨を骨折して、

それ以来、

尾てい骨が飛び出して、

それが当たって痛いんだとおっしゃっていました。

 

しかし痛いとおっしゃっているところを指してもらうと、

尾てい骨ではなく、

 

「上後腸骨棘」

 

という、

骨盤の一部分で、

仙腸関節というしっかりした関節をつくっている、

そもそも少し出っ張っているところなのでした。

 

なのでやさしく訂正して、

「骨折での変形ではないですから良くなる可能性大ですよ」

とお伝えして、

 

その関節を鍼でゆるめて、

徒手的に動かしてみて、

 

「どうですか?」

 

しかしまだ痛いとおっしゃっていて、

たしかに右側があたっている感じがみてとれたので、

 

均整法でいうところの「フォーム6」=「捻れ型陰性タイプ」、

これは下半身が右向きに捩じれている姿勢なのですが、

その調整をして、

 

さらに大腰筋という、

お腹の奥についている筋肉をゆるめて腰の反りをのばして、

触れて確認したところもうそんなに出っ張ってもいなかったので、

 

「こんどはいいでしょう?」

 

とうかがったところ、

 

「はい、ぜんぜん痛くないです」

 

と言って泣き出しちゃいました。

 

たしかに長年仰向けで寝れなかったということなんですもんね、

よかったよかった☆

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/17