ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>2013年10月

2013年10月

ゾリンジャー 外科手術アトラス

『ゾリンジャー外科手術アトラス』がどどきました。


ゾリンジャー 外科手術アトラス

初版から70年間改訂を重ねつつ世界中の外科医に読まれてきた名著がやっと翻訳されたということで。

でも、
てことは日本の外科医たちは今まで原文で読んでたってことですよね、
お医者様はほんとうにすごい。

昨日とどいたんですが、
興奮しちゃって早速ひととおり読んでみました。

これはこれは、
実は純粋な解剖学の本を読むよりはるかに面白くて勉強になって身につく感じがあります!

「コレを切り取るときにはココとソコを挟んでおいて…」

みたいな記述なもんだから、
位置関係や作用まで、
まさに手にとるように伝わってきます!

これでもう外科手術もバッチリです笑
 

2013、10月の本>>

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

疲労と倦怠、そしてAfina治療。

まず生理的に当然おこる疲労&倦怠としては、

長時間の労働や運動、
精神的な緊張のあと、
そして不眠などからのものなど。


なのでこれらが、
おもな施術適応となります。

AFINA 疲労回復


しかしそのほか疲労と倦怠の裏に病気などを心配するとすると、

酸素不足になる→
貧血、心疾患(循環不全)、呼吸器疾患(換気障害など、、、

内分泌、代謝障害として、
甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、糖尿病、腎不全(尿毒症)など、、、

神経、筋疾患として、
多発性神経炎、ギランバレー症候群、重症筋無力症、周期性四肢麻痺など、、、

心因的要因として、
神経症、うつ病など、、、

消耗性疾患として、
悪性腫瘍、慢性感染症など、、、

肝疾患として、
急性/慢性肝炎、肝硬変など、、、

その他として、
更年期障害、低血圧、寄生虫、
そして、
とくにこのところ注目を集めている、

【慢性疲労症候群】
極度の疲労感が数ヶ月(六ヶ月以上)続いたり断続的に繰り返す。
発熱、咽頭痛、頭痛、筋肉痛、リンパの腫れなど、
風邪のようなことから始まるそうです。
場合によっては死に至るともいわれています。
過労死のなかにはこれが含まれていたんじゃないかと目されているそうです。


これら疾病のうち、
貧血、
低血圧が、
訴えとしては多いようです。

疲労&倦怠の訴えの裏にこういった疾患が隠れていないか、
というようなことはつねに視野に入れつつ向き合わなければなりませんし、
ただ既にわかっているものに関しては、
症状の緩和を目的として、
お役に立てる場合がほとんどです。


AFINA 疲労感 解決

 



ところで一方、
東洋医学的に疲労や倦怠を把握すると、

倦=疲労
怠=怠惰


その原因として、
気虚を考えます。

とりわけ、
腎の気、
脾の気、
が虚したとみます。


例えば梅雨の時期など、
だるい、
重いと感じますが、
これは湿気がいたずらしているとして、
湿因と呼びます。


ほかにも、

病後や心労などから精気が損傷しての気虚。

房事(セックス)過多から精気が損傷しての腎気虚。

飲食不節(不摂生)からの脾気虚。痰湿。

そしてなにより、
倦怠感=体重(身体が重い)
これは脾・胃の代表的症状です。


あげ始めるときりがありませんが、
ツボでチョイスするとたとえば、
滋養強壮的な意味で、
気海、
関元、

脾胃の気を補うために、
足三里、
太白、
中カン、

四肢懈惰(手脚がだるい)ときには、
照海。




それから、
整体的には疲労&倦怠といえば、
「くなや操法」
が有名です。
胸椎の9番、7番、8番、
の順に刺激する、
カンフル剤的な操作です。
現代人には強すぎる操作と言う先生もいらっしゃいますが、
ぼくはたまに使うことがあります。



あとは均整法的なというか、
姿勢的なことで言えば、
重心を中心に戻してあげることで余計な力みを消して、
関節を締めてあげることでそれぞれの機能を回復させ、
全身を軽くします。


もちろん前提として、
時間があるようなら、
血流をよくして、
むしろリラックスをうながして、
深い睡眠に導いて、
自然に回復させるというのが基本かとは思います。


AFINA 疲れ知らず
 

いろいろあるにはありますが、
それぞれの身体の状態や生活のリズムに合わせて、
最善の方法を探って仕上げますので、
あまり疲れを溜め込みすぎる前に、
どーぞリセットしにいらしてください☆

 

 

 

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

 

骨盤についての過去のAfinaブログ。

ブログ「バレエの骨盤、能の骨盤

ブログ「骨盤を閉じる

ブログ「ヒップアップ

ブログ「骨盤矯正にうってつけの日

ブログ「梅雨の時期の骨盤矯正

ブログ「ソフトな骨盤調整法

ブログ「尾骨が痛い人へ

ブログ「産後の骨盤調整

ブログ「尾骨、尾てい骨、笑骨

ブログ「仙骨

ブログ「恥骨結合

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

身体パーツAfina解説。

身体のパーツについて説明しているかこのブログを集めてみました。

 

ブログ「頸椎2番

ブログ「出産痕

ブログ「尾骨、尾てい骨、笑骨

ブログ「仙骨

ブログ「肝臓

ブログ「手の小指

ブログ「足の第一指(趾)

ブログ「足の第二指(趾)

ブログ「手の人差し指

ブログ「手の親指

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

大腰筋のセルフケアAfinaストレッチ。

骨盤の位置決定に最重要な、
大腰筋というインナーマッスルについて☆

大腰筋のストレッチ方法をお伝えしようと思います(^ー^)ノ

とはいえ、
大腰筋 ストレッチ
で検索しちゃえばそれなりに、
というかむしろオーソドックスな大腰筋のストレッチ方法が出てきますので、

ぼくはあえて、
マイナーで難しい方法をお伝えしようと思います!笑

これは、
ところでぼくはいったいどこから仕入れてきた方法なのかが思い出せないんですが、
大駱駝艦のスタジオでこれをやって皆でアレコレとアイディアを出し合ったおぼえがあるので、
たぶんコンテンポラリーダンス界隈で仕入れてきたんだと思います。
だからちょっと難しいわけですが。


まず、
両足揃えて立ちます。
次に、
大腰筋を伸ばしたい方の足を30cmほど後ろに引きます。
そして、
逆側の手で、
後ろに引いた脚の膝を身体を捻じって後ろから掴みます。
で、
残った手をなるだけ空に向かって真っ直ぐ伸ばします(これの伸ばし具合がミソです)。
そしてそこでしばし深呼吸。

大腰筋のストレッチ方法


細かく言えばいろいろありますが、
大まかに。

(当日おっしゃって頂ければお伝えいたします。)

そもそもこの姿勢がとれる時点でそこそこな大腰筋な気もするかもしれませんが(笑

実はこれはぼくがふだん施術の合間に、
もう働けないけど次の人が待っているというときに、
短時間で疲れをとるためにやっているストレッチです。

と、
ここまで書いて写真をみて気がついちゃったんですが、
もしかしたらこれに加えて、
後ろの足をもっと内股にしてやるとより効果が増すかもしれません。

ぜひ、
転ばないように注意してチャレンジしてみてください(^ー^)ノ

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

腸腰筋をほぐす、大腰筋をほぐすAfina方法。

専門的にはもちろん、


大腰筋ケアの施術方法、①圧定法。


大腰筋ケアの施術方法、②抵抗法。
 

大腰筋ケアの施術方法、③ストレッチ法。
 

大腰筋ケアの施術方法、④鍼治療。
 

大腰筋のセルフケアストレッチ。

 

といった、

施術方法や、

セルフストレッチがあるわけですが、

 

単純なところでいうと、

 

“大股で歩く。”

 

ということも、

少しは大腰筋をほぐすことになります。

アフィナ 大腰筋 ストレッチ

 

 

よく、

 

腰掛けた状態から立ち上がる瞬間が腰が痛くて、

歩いてる間に楽になってくる。

 

という腰痛があります。

 

これはまさに大腰筋が収縮した状態が慢性化しているときのサインです。

 

つまり、

 

腰を曲げている姿勢を保つには、

後にひっくり返らないで済むように、

大腰筋を収縮させ続けておかなければなりません。

そのせいで、

大腰筋がこって、

短くなってしまっているのです。

 

だからのばすときに痛みが走る。

 

でも、

歩いているうちに楽になるということは、

その間に大腰筋を使いますので、

それで楽になるというわけです。

 

ちなみに、

歩いているうちにつらくなるのは、

 

骨の問題である、

脊柱管狭窄症や、

 

下肢の血行不良である、

バージャー病などです。

 

つまり、

歩くことで、

大腰筋はいくぶん伸びたり縮んだりして、

ほぐされているわけです。

 

もちろん、

それだけでは足りないですし、

もしなにか症状が出ているようであれば、

それはとうぜん何らかの施術が必要で、

しっかりリセットかけなければなりません。

 

いくらご自分のお腹といえども、

素人がお腹に手を沈めることは、

ちょっとおすすめできません。

 

しかし、

やはり歩くことの重要性は、

しっかり記憶にとどめておいてください。

 

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

落合南長崎あたりで喫茶、ケーキ。

ぼくはケーキが好きで、

そして喫茶が大好きなので、

けっこう遠くまでいっちゃいます。

 

※アイテラスのマザーリーフさん。

※アイテラスのドミニック・ジュランさん。

※深夜までケーキが食べられるシスイさん。

※東長崎のカフェプリヤートナさん。

※プリヤートナさん向かいのイデオさん。

※カフェ、ストークさん。

※ビスコッティの大橋屋さん。

※ポエムギャラリー、中庭の空さん。

 

 

※江古田のピースさん。

※江古田のCAFE BLUさん。

※江古田のエスケープさん。

※江古田のトレボンさん。

※江古田のイタリアントマトさん。

 

※新江古田のロートンヌさん。

※新江古田の江古田珈琲焙煎所さん。

 

※中野通りの季の葩さん。

※中野通りのロイスダールさん。

 

※江古田のトリスカフェさん。

 

※目白の伴茶夢さん。

※目白のカフェトリエスティーノさん。

※目白のカフェ、アコリットさん。

目白のカフェ・ド・ルーさん。

 

※椎名町のテオブロマさん。

 

※千川のエコール・クリオロさん。

 

※としまえんのタッポスト・チャオラさん。

 

※立教大前のウルトラカフェさん。

※立教大前のMODeL Tさん。

※立教大前のロコズキッチンさん。

※立教大前のリビエラカフェさん。

 

※池袋のア・ラ・カンパーニュさん。

※池袋ホワイトローズさん。

※池袋カフェ・ド・エソラさん。

 

※新宿のタカノさん。

※新宿のMiyamayaさん。

※新宿東口のカフェ&バー、BSMさん。

 

※高円寺のPlanet3rdさん。
 

※中野のくれない茶房さん。

 

このへんをぐるぐるまわって、

勉強したり原稿書いたりレジュメつくったりしています。

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

 

 

※長崎市のパティスリー・カミーユさん。

東長崎駅あたりでランチ。

当院は西武池袋線、東長崎駅からも10分かからないものですから、

そっちの方にもよくいきます。

 

※インドカレーのマサラハットさん。

※フレンチのセビアンさん。

※カフェプリヤートナさん。

※ラーメンのオリオン食堂さん。

※パスタとかサウスウィンドさん。

※とんかつのよねだ家さん。

※お蕎麦屋さん大むらさん。

※アジア料理のアリババさん。

※アジアンレストランのララさん。

※中華の成都さん。

 

公楽さん。

松葉さん。

 

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

落合南長崎のランチ。

落合南長崎近辺で、

ランチにいくとするとこのあたりというメモです。

他にもオススメがあったら教えてください☆

 

 

なんてところなのか。

※フレンチのエシャロットさん。

※おそばのじゆうさん

※アイテラスのマザーリーフさん。

※インド料理のアグニさん。

※焼き鳥、鰻、の煙屋さん。

※中華の松洲飯店さん。

 

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

土曜、めまい。日曜、リンパ浮腫。

この土日は東洋医療臨床技術大学校アカデミーで、

 

土曜は、

トリガーポイントの第一人者でいらっしゃいます、

関西医療大学の黒岩共一先生の講義でした。

なかでも“めまい”についての治療は、

鍼の独壇場なんだというあつい講義。

 

日曜は朝から西條一止先生の講義。

これももちろん白熱し、

背部の、

とりわけ最長筋と多裂筋が重要なんだよと、

その刺鍼(+大腰筋刺鍼)。

 

そして午後は、

リンパドレナージのオーソリティ、

後藤学園リンパ浮腫研究所長の佐藤佳代子先生による、

リンパとリンパ浮腫とリンパドレナージについての講義。

 

どれも熱い講義で、

ぼく自身も前のめりに参加して参りました。

 

それぞれの先生がたの本を取寄せていますので、

本が届いたときにでもまた、

熱く感想を書こうと思います。

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>