ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>2013年10月

2013年10月

ベストなのは妊娠前にAfina(整体)しておくこと。

妊娠というのはそもそも女性の身体にとって、

最大のイベントです。


アフィナ 妊娠

この妊娠出産をどう過ごすのかによって、

その後の体型/体調を大きく左右します。

 

ですから妊娠中、出産後のケアがとても大切なわけです。

なのでもちろんここでもその期間の過ごし方について詳しく触れていきたいとは思っているんですが、

 

しかしもっとも重要なのは、

妊娠以前の身体なわけです。

 

当然と言えば当然ですよね。

 

たとえばここに、

妊婦における、

骨盤周りの痛みについての調査があります。

 

妊婦を母集団とした調査(Ostgaardら、1991)では、Albertら(2002)の結果と同様、約20%の有病率であることがわかった。妊婦に関連した骨盤帯痛に関するシステマティックレビュー(Wuら2004)では、骨盤帯痛と腰痛両方を会わせた有病率は、妊娠中45%、産後25%と推定している。さらに深刻な痛みのみに絞った場合、この数字は25%まで下降し、Ostgaard(1991)とAlbertら(2002)によって報告されている有病率に近いものになるという。

Ostgaard(2007)は、幸運にも女性の大多数で出産後3ヶ月以内に回復がみられるものの、5~7%の女性では順調な回復過程をたどらないとしてきしている(Ostgaard &Albert 1992)。

 

「痛み」という症状に限ってもここまでの数字(妊娠中45%、産後25%)が出ているわけですから、

体型の問題としてはさらに伸びてゆくことだろうと予想できます。

 

さらに、

どんな女性が産後痛みを継続するのかという調査もあります。

 

Damenら(2001)によると、痛みの視覚的アナログスケール visual analogue pain scale(VAS)で7/10以上、そして仙腸関節の弛緩性laxityに左右非対称性がみられる女性では妊婦に関連した骨盤帯痛が解決しにくいとしている。Gutkeら(2001)は腰痛と骨盤帯痛の併存、仕事に関する不満、出産年齢がより高齢であることが、産後の痛みの解決が困難になる予測因子ななると述べている。

 

つまり、

*妊娠前から骨盤が歪んでいる、

*腰痛と骨盤痛が併存している、

*仕事に不満がある、

*高齢出産、

などの条件が重なれば重なるほど、

痛みを引きずりやすいということです。

 

しかし、

均整法や均整鍼をあらかじめうけることによって、

大幅にそれらの悪条件を減らすことができます。

 

引用:『骨盤帯 臨床の専門的技能とリサーチの統合』Diane Lee

 

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

ぜひ歯科治療の前後にAfina整体、鍼治療、均整法。

歯医者さんで治療を受ける前後に、

均整法や鍼治療を受けておくことをお勧めいたします。

 

均整法や鍼で顎を整えておけば、

長時間口を開けての治療にも耐えやすくなりますし、

そもそも余計な痛み自体が除外されます。


AFINA 顎治療

 

意外に歯が痛いんだと思っていたら、

三叉神経の調子が悪かっただけということもよくありますし、

それらが併発していることもしばしばです。

 

もちろん虫歯などはデンタルクリニックでなければ治療できませんが、

 

*頭蓋骨の歪み、

*顎の筋肉の過緊張、

*口腔内の問題に起因する肩こり&頭痛、

*顔の歪み、

 

などはむしろ整体、

とりわけ均整法や、

その理論を応用した均整鍼の独壇場です。

 

「顎の歪みは骨盤から整える」

 

というのが、

整体の立場ですし、

優秀な歯科医のあいだでもそれはよく言われていることだそうです。

 

ですから、

歯科治療を受ける前に身体をニュートラルにしておいて、

万全の状態で治療に挑んでください。

そして、

治療に伴う痛みや無理な姿勢からくるひずみを、

ふたたびリセットして日常に戻りましょう。

 

そもそも、

顎の曲がった状態で、

歯の噛み合わせなどを調整したくないですよね。

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

2013年10月にAfinaに届いた本。

『脚やせPUSHダイエット』斎藤美恵子

『医学論文 アクセプトされる書き方とよい講演』監訳・渡辺昌/訳・J.P.Barron

『20歳若く見えるために私が実践している100の習慣』南雲吉則

『「空腹」が人を健康にする』南雲吉則

『からだレッスン 「好きなこと」ができる自分になろう』寺門琢己

『背を伸ばす医療』風本真吾

『体の「ゆがみ」を治して健康になる!』井本邦昭

『骨格セラピーで脚からキレイにヤセる!』芝崎義夫

『「生」の日ばかり』秋山駿

『七つの音 有本利夫の世界を奏でる』有本利夫/画 中沢けい/文

『リンパの科学 第二の体液循環のふしぎ』加藤征治

『リンパ浮腫の治療とケア』佐藤佳代子

『臨床家のためのトリガーポイントアプローチ鍼治療と徒手的療法の実際』黒岩共一

『体からのシグナル』ジャン=ピエール・バラル

『谷崎文学と肯定の欲望』河野多恵子

『女ともだち』中沢けい

『大腰筋ダイエットで即効! お腹やせ』石井直方

『螺旋海岸notebook』志賀理江子

『サパイラ 身体診察のアートとサイエンス』須藤博 藤田芳郎 徳田安春 岩田健太郎 監訳

『ゾリンジャー 外科手術アトラス』安達洋祐 訳

『国吉康雄/三岸好太郎』現代日本の美術10

MIZUE SEPUTEMBER 1977 No.870 シーレ|ケーニング|清宮質文|ヘールトヘン

『ニューエイジの歴史と現在 地上の楽園を求めて』レイチェル・ストーム 高橋巌+小杉英了=訳

『ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」』熊谷晋一郎×大澤真幸/上野千鶴子/鷲田清一/信田さよ子

『動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』千葉雅也

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

【仙腸関節を支えている靭帯と筋膜】


1.前仙腸靭帯
2.骨間仙腸靭帯
3.長背側仙腸靭帯
4.仙結節靭帯
5.仙棘靭帯
6.腸腰靭帯(前部、上部、下部、垂直部、後部)
7.胸背筋膜

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>