ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>大腰筋>便秘解消に大腰筋ケア。
大腰筋

便秘解消に大腰筋ケア。

皆さんどうやって便秘を解消していらっしゃるでしょうか?

 

お薬を飲んだり、

専用のお茶を飲んだり、

 

出る方がうまくいかないわけですから、

もちろん、

口から入るものが重要なのは当然です。

 

しかし、

実はそれだけではありません。

 

腸が中身を押し出すときは、

自動的に、

蠕動という運動を自律的にやってくれています。

 

そして、

腹圧といって、

お腹の中の圧力がとても重要です。

 

さらにいえば、

これはあまり知られていないかもしれませんが、

直腸肛門角といって、

骨盤の角度もひじょうに重要です。

 

この、

ボディの側の二つの問題を解決するキーワードが、

つまり大腰筋であり、

なんともう一つの問題は、

大腰筋ケアの施術中に、

副次的に解消されます。

 

なので、

大腰筋ケアを受ければ、

便秘なんて恐くないということです。

 

Afina大腰筋ケアで便秘解消

 

 

もう少しいうと、

 

腹圧というのは、

お腹の中の圧力で、

腹壁の筋肉+、

上下にある横隔膜+骨盤底筋、

そして大腰筋をを緊張させることで、

腹腔内をしぼって圧をあげます。

便秘解消に腹筋を鍛えるのはこのためです。

しかしそれだけでは、

なかなかうまく解消しない現実があるのは、

大腰筋を失念していたからにほかありません。

 

そして、

肛門直腸角ですが、

これはつまり骨盤の角度のことで、

洋式トイレより、

和式トイレの方がいきみやすいですよね。

それは、

この肛門直腸角が一因です。

椅子に座った腰の伸びた状態より、

しゃがんで腰を丸めた状態の方が、

直腸の角度が鈍くなり(鉛直に近づき)、

すると当然、

便が流れやすくなります。

さらに、

骨盤を丸めることで大腰筋をマックスに収縮することができ、

これが横隔膜をひっぱって、

腹圧もしっかりかけることができるようになります。

 

この、

骨盤をしっかり丸めること、

最大限に腹圧をかけること、

両方を実現しているのが大腰筋なのです。

 

なおかつ、

さきほど副次的にといったのは、

大腰筋に手技でアプローチする際に、

同時に腸を刺激します。

腸というのは一カ所動かされると、

全体が動き出すという習性をもっています。

ですから、

お腹の表面から大腰筋まで手を届かせる段階で、

腸は確実に刺激されます。

 

そしてそもそも、

腸の蠕動運動を助けているのは、

呼吸の絶え間ない運動を実現している、

横隔膜なのです。

横隔膜がしっかり上下することで、

腸はつねにマッサージされて、

健康を保っています。

 

この横隔膜の健やかなリズムを、

左右しているのがほかでもない、

大腰筋なのです。

 

なので、

短期的にも、

長期的にも、

便秘解消には大腰筋ケアがもっとも重要、

かつ、

それが最善なのです。

 

腹式呼吸をする、

腹筋を鍛える、

その他便秘解消の処方はいろいろあり、

大きく間違っているわけではもちろんありませんが、

いずれにしても、

大腰筋がしっかり解放されていなければ、

なかなか結果に結びつきません。

 

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71