ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>身体均整法について>"内臓操縦法"について
身体均整法について

"内臓操縦法"について

身体均整法学園の講義科目のうち、

“内臓操縦法”

という講義があり、

現在わたしが担当しています。

 

内臓整体 ニハク

 

身体均整法じたい、

手技療法に分類されており、

いわゆる“整体”をイメージして頂いてけっこうなんですが、

それが、

運動器疾患のみならず、

内臓に効果があるというのは、

あまりイメージしにくいかと思います。

 

しかし現実には、

とても効果があり、

これは生理学的にも認められることです。

 

 

Afina内臓調整

フリーメディカルイラスト図鑑

 

たとえば神経的なことでいうと、

 

“体性-自律神経反射”

というものがあります。

 

身体の外側を刺激すると、

自律神経に反射がおこるというもので、

とくに脊髄分節で狙いを定めて、

各臓器を狙い撃ちすることができます。

 

身近なところでは、

喉を詰まらせたときに胸や背中を叩きますよね。

あれはこの反射作用を利用しています。

 

これに関しては、

均整学園では“観歪法”という講義で、

さらに詳しく専門的に学ぶわけですが、

 

内臓操縦法においても欠かすことの出来ない反射作用です。

 

現在ぼくがこのホームページで現代語訳を続けている、

児玉林平『脊髄反射的療法』は、

その古典にあたります。

 

この、

神経反射がいちばんイメージしやすいかなと思うんですが、

内臓操縦法ではさらに、

 

“内臓マニピュレーション”

 

と表現されることもある、

もっと直接的な、

物理的で即物的な操作の仕方を学びますし、

 

東洋医学的に、

経絡でのアプローチも、

重心移動の観点から重要視しています。

 

それから、

内臓自体に作用を及ぼすといえば、

ホルモンですが、

このホルモンにしたところで、

神経からのアプローチが可能です。

 

ですから、

お薬を必要としない、

あるいは、

お薬で好転しない内科疾患には、

 

こういった選択肢が考えられるということです。

 

内臓操縦法は、

 

運動器疾患にとらわれないで、

整体手技の可能性を広げてゆける技術であり、

 

そして、

 

浸襲性の少ないアプローチで、

かつ、

効果的に狙いを定めて効かせてゆける、

 

とても魅力的で重要な分野ということがいえると思います。

 

そもそも、

運動器疾患の裏に、

内科的な問題が隠れていることがほとんどですし、

 

すくなくとも、

この両面から観察できなければ、

 

なかなか結果をだすことは難しいだろうと思っています。

 

 

 

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/81