ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>2014年3月

2014年3月

2014.03、04、05、Afinaに届いた本。

3月

 

NHK出版『土方巽 絶後の身体』稲田奈緒美

バジリコ株式会社『人は死なない』矢作直樹

BIBLIOBAZAAR『Spondylotherapy; spinal concussion and the application of other methods to the spine in the treatmen of disease』Albert Abrams A.M.,M.D.,F.R.M.S

Afinaスポンディロテラピー画像

岩波書店『マインド・タイム 脳と意識の時間』ベンジャミン・リベット著、下條信輔訳

 

4月

医学書院『看護にいかすリーダーシップ』諏訪茂樹

たにぐち書店『月刊 手技療法 2014.03』

医学書院『ねじ子のぐっとくる脳と神経のみかた』森皆ねじ子

南江堂『みえる腰痛 体性感覚構造図 運動器疼痛の診断のための示説』高橋弦

 

5月

医学書院『ジェネラリストのための内科診断リファレンス』酒見英太監修、上田剛士著

新潮文庫『ホスピスという希望 緩和ケアでがんと共に生きる』佐藤健

東京糸井事務所『かないくん』谷川俊太郎作 松本大洋絵

メディカル・サイエンス・インターナショナル『ベイツ診察法』Lynn S.Bickley  日本語監修 福井次矢 井部俊子

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

3/15(土)無料学園説明会☆

3/15(土)は、
今年度最後の均整学園説明会です!

身体均整法学園説明会申し込み>>

そして説明会のあと、
午後から「内臓操縦法」という講義が見学可能なんですが、
なんとその講義、
ぼくが担当です!!

つまり学校説明会に行くと、
魄(ぼく)のソロ舞踏を無料観戦できちゃうと理解していただいても構いませんし(笑
もちろん身体についての、
健康についての閃きもたっぷり盛りだくさんです。

じっさい施術も少しやってあげられるだろうかと思います。

興味本位でかまいませんので、
ぜひ池袋まで学校説明会に来てみてください(^ー^)ノ

 

小柳弐魄 講義中

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳34、迷走神経の張力を強盛にする方法

  一 迷走神経の張力を強盛にする方法

 迷走神経の張力を強盛にする方法は以下の通りである。

 

 1、C7棘突起の両側を圧迫器で圧迫する。

 2、頚筋の伸展。

 3、肋間の圧迫。

 

上の3つの方法であればどれを用いてもそれで迷走神経の張力は亢進し、肺は拡張をきたしてその下縁は下垂する。そしてその下垂の程度や持続時間によって張力の減弱を判断することができ、そのさい圧迫は30秒を超えてはいけない。しかし内臓における反射現象は通例数分間を超えずに消失してしまうから、急いで打診してしまわなければこれを見ることはできない。

 

方法 時間 下垂の程度 持続時間
圧迫 30秒 5cm 9分間
頚筋伸張 4cm 3分半
打療 4cm 2分半
正弦波電流 5.5cm 2分半
高周波電流 5.5cm 2分半

 

〔C7側圧迫〕

迷走神経がC7側圧迫によって現れる現象を以下に示す。

 

〈イ〉心臓、大動脈、肺、胃、脾、腸の張力は強盛となり、そのためこの臓器は打診状濁音の程度を増し、したがってその境界が明瞭となる。

 内臓の張力は強盛となるのみならず、その収縮をきたす。たとえば胃において腰椎収縮反射よりもC7の収縮反射は著しい。すなはち頚椎の打療であれば2cmの収縮を見るだけなのに、C7の打療では4cmの収縮をみる。

 これを心臓で試みてみると、舒張期は心臓の筋肉は弛緩するものなのだが、この舒張期弛緩は心筋張力の強弱に関係する。カエルの迷走神経の中には、それを刺激することで心筋の張力を強盛にする繊維があり、もしこれを圧迫するときは心筋の弛緩すべき舒張期において強直状を呈す。なのでこれを心臓打診に応用してC7側の圧迫により心筋の張力を試みてみると、心筋が健全なときは心臓部の濁音強く、心筋に疾病あるものは濁音に変化無し。

 この現象は頚筋伸展試験においても同じである。

 

〈ロ〉瞳孔の収縮。(これは毎回同じようにあらわれる現象ではない)

〈ハ〉環状甲状部の攣縮。助手にC7側を間歇的に圧迫させてみると、声帯が索張する。なるほど環状甲状筋は上喉頭神経の分布を受けているからである。しかしヒステリー性麻痺における声帯はこの方法により環状甲状部の狭窄をきたすので、これをつかって診断することができる。

〈二〉エオジン嗜好細胞が増加する。

〈ホ〉咽頭の知覚が過敏になる。

〈ヘ〉肺の下縁が下垂する(肺の拡張反射)。

〈ト〉脈拍の量は減少し、速度は緩除となり、ついには歇止してしまう。

 上の現象中もっとも簡単な方法は肺の下縁下垂試験である。これを試すためには、はじめ肺の下縁を打診してその境界を確認しておき、つぎに30秒間C7に圧迫を加える。すると普通は4cmの下垂を観察する。さらに迷走神経張力亢進には6cmの亢進をみる。これに反してその減弱にはわずかに2cmの下垂にとどまるか、あるいはまったく反射現象をみないということもある。

Afinaスポンデロテラピー現代語訳

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

2014.02、たくさん見てもらったamebaブログ記事のまとめ☆

1、大腰筋の触診について

これのアクセス数はダントツですね!

 

2、尾原和啓著『ITビジネスの原理』を膝を打ちながら!

やっぱり未来に希望を持ちたいですよね☆

げんにこれは著者から「どーだった?」ってメンション飛んできてあわてて書いた記事です。

 

3、副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)についての本読んじゃった!!

いま注目ですからね。

 

4、『俺の歴史』ってゆー凄いタイトルの一人芝居みちゃった!!!!!!

板橋氏の一人芝居!!

マジで見てよかったー!!!!!

 

5、池袋でアサイーボウル、ロコズキッチンさん。

意外にこの記事アクセス数多いんですw

 

6、寒さ対策しながらダイエット体操!!

季節がらでしょうね。

 

7、嵐の二宮クンが悟りすぎててワロタwwwwwwwwwww

へんなブログ記事みたいなタイトルになってますが、

めちゃめちゃ感動した動画です!!

 

8、しつこい疲れ(副腎疲労/アドレナル・ファティーグ)から脱出する方法!!

やっぱ方法も大切。

 

9、花粉症のでやすい身体の歪みについて〜腸の問題として整体の立場から〜

これは誰か違う人から回ってきて、

いいこと言うなーと思って読んでたら昔自分が書いた記事だったというw

運命のブログ記事です。

 

10、整体手技を学びたいっ!!

やっぱこれですよね!!

均整学園☆

今月いっぱいで受講希望いったん締め切りです。

いそげーーーーーっ!

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

4月の土曜日の担当者。

通常、

第一、三土曜日は院長の小柳弐魄、

第二、四土曜日は中野万里が担当しておりますが、

 

小柳弐魄が身体均整法学園出講のため四月中は、

 

第一、三土曜日を中野が、

第二、四土曜日を小柳が担当することに変更いたします。

 

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Afina さくら

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

鍼の到着!

鍼はこんな感じで届きます。

ぼくはセイリンさんのディスポーザブル鍼を使っています。
ちょっと他より値段高めなんですが、
特殊なコーティングがしてあるぶん、
滑りがよく、
とてもスムーズなのです(^-^)/ 

Afina セイリン 鍼

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳33、迷走神経の張力を増減する方法

   第三 迷走神経の張力を増減する方法

 ここに特記すべきは、圧迫法で脊椎突起の両側を圧迫すれば、内臓反射現象を引き起こすのと同時に、迷走神経および交感神経に対してもその張力を左右することができる。これを応用して診断および治療の目的につかうことは脊髄療法における特殊な方法である。

 しかし薬物においてピロカルピンは迷走神経の張力を亢進させ、アトロピンは減弱させる。アドレナリンは交感神経を鼓舞、すなわち迷走神経の張力を減弱させる。だから圧迫法によってもこれらの薬品と同じように迷走神経に対し、もっとも簡単かつ迅速にその張力を左右することができる。そもそも脊髄神経は脊髄間孔をでてくるポイントが比較的浅く、C7にあっては2.6cm、L1では4.5cmである。いま圧迫器を用いてC7棘突起を中心として椎側を強く圧迫してみると、迷走神経の張力は強盛となり、これに反してT3、4間の両側を圧迫してみるとその張力は減弱する。

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳32、脊髄反射神経を興奮させる方法

   第二 脊髄反射機能を興奮させる方法

 脊髄には内臓を収縮、または拡張させる二種の中枢があり、たがいに拮抗/対立し、そのことで我々の健康を保っている。しかしそのいずれか反射機能の平衡を失ったときはここに病的症候として現れ始めるものである。

 脊髄の各部は脳髄から反射抑制神経を受けており、そのために抑制神経が刺激されているときは反射機能がいちじるしく亢進する。なので臨床上一反射が病的に亢進するときは反対であるほかの反射機能を鼓舞したとしても、健康成人のような現象をみることはできない。ここから推測すると、もし我々が一時的に一反射機能を奪取することができれば反対反射は普通より著明にその機能を現出させるということになる。この試験に際して圧迫法は30秒を超えないときは刺激となり、1分を超えるときは反射機能を奪取するものと覚えておこう。今ここに一二の試験をあげれば、

(喘息における試験)健康成人においてT3、4間を圧迫して迷走神経の張力を減弱させてしまえば肺は収縮してその下縁は持ち上がる。それは今圧迫器でC7側を1分間を超えて圧迫して対抗作用を奪取し、それからT3、4間の圧迫を試みれば始めよりいちじるしく収縮の度が増加することがわかる。だから喘息における圧迫または打療法は、始めC7側を5分間圧迫してから打療法をおこなうときは、単にT3、4胸椎の打療よりもその効果が迅速かつ著明である。

 動脈瘤における療法も極力迷走神経の張力を亢進させるため、まずT3、4間圧迫を5分間やって、それからC7側の打療を施してみると顕著な効果が得られる。しかし動脈瘤がいちじるしく拡張してしまったものにはT3、4間の圧迫は瘤の拡張反射をおこしてしまうので注意を要する。

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>