ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳56、心臓拡張反射
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳56、心臓拡張反射

  2心臓拡張反射

 D9、10、11、12を迅速に叩打すると心臓は拡張反射をおこし、心濁音部の拡大が観察される。しかしこれを狭心症に応用すると、真性のものであれば発作は速やかにおさまる。

 

>>(付)狭心症

 

 オリバーは心臓の拡張によって胸痛の止まった例、ブロドべンドは僧帽弁不全閉鎖になって以来、狭心症発作が和らいだ例を報告している。

 それらは、心筋が仮に心臓反射の作用によって収縮することがあったとしても、健康な心臓に比べて微弱であるから、冠状動脈の圧迫が強くなかったからだと言う。

 狭心症患者はその間歇時においても、人為的にC7叩打または心臓部を強打することで引き起こすことができる者で、心臓収縮反射は冠状動脈の圧迫となる。

 

 

afina 心臓反射 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/168