ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳59、狭心症2例
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳59、狭心症2例

 狭心症第1例

腹某 女 56歳

かつてこれといった病にかかったことはなかったが、中年にさしかかって喘息を患った。しかしそちらは第2子を出産したところにわかにその発作はおきなくなった。だが数年前より狭心症にかかり、この夏も激烈に発作が襲来して、ついに注射療法を反復して受けなければならないほどに至った。したがって注射薬の副作用のため全身衰弱してしまい、嘔吐を繰り返す。そのため当院を訪ねてきた。

この患者は体格がよく、心音は微弱、胸壁の筋肉は板状に抵抗がある。まだ診察も終わっていないのに患者の顔は血色を失い、苦悶、冷や汗、そして無言になり、まさに定型的な狭心症発作を示していた。だからただちに圧迫器でT3、4間を圧迫した。すると瞬時に発作は止まり、板状になっていた胸部も性状に復した。それ以来、圧迫法に打療法をかねて、薬品は用いないようにした。すると食欲がでてきて栄養状態も日を追って快復、数日後には通院治療に切り替えられるほどになった。

 

狭心症第2例

大◯某 26歳

体格強健、数年前に脚気を患ったが・治療法で治った。しかしそれ以来、心臓のあたりに違和感を感じ、発作的な疼痛があり、患者の精神につよい打撃を与え、発作のたびに死期が近づいたように感じるのだと訴える。

現在この患者に脚気の徴候はない。しかし心臓は少なからず肥大していて、発作時はいちじるしい心悸亢進を呈す。

発作時にはT3、4間圧迫法ですみやかに鎮静し、間歇時には毎日同じ場所に打療法をおこない、数日のうちに苦悶から解放された。

 

afina 心臓反射

 

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/173