ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>2016年6月

2016年6月

Afina現代語訳85、大動脈瘤の臨床例(9)

   第9例 

鈴◯某 36歳

 生まれつき壮健。日露戦出征に際して明治39年、動脈瘤の疑いで除隊となった。しかしこれといった苦痛もなかった。大正元年11月ころから呼吸困難を感じ、翌年9月になって嚥下困難も発症し、米飯も白湯といっしょに飲みこまないと喉を通らないし、咳も激しい。そこで上京しX線検査で胸部動脈瘤であることを確認しワッセルマン氏反応もまた陽性だったので、駆梅毒療法受け、しばらくして帰郷、静養した。

現症。体格は大きく、胸部右側胸骨に接して掌くらいの大きさの濁音部があり、拍動して胸骨を押し上げ、オリバー氏徴候が著明で左側胸部全体に及んでいるのが聴こえる。少しの旅行でも呼吸困難および喘息をおこし、吸入および夜間はつねに氷嚢を心臓部にのせ、ほとんど安楽椅子で眠り、横にはなれない状態である。

治療。C7の打療を数日つづけたところ胸部の拍動および濁音はほとんど消失し、脈拍は常に90/一分間になっていたが、減って70にとどまった。胸部全体に爽快感がある。視力は拍動が強かったためにつねに動揺していたがこれは完全に消失し、しかも胸部におけるラ音も消散し、運動時の呼吸が早まる程度もたいへん少なくなった。治療1週間で退院し、その後の経過は不明である。

大正15年10月15日

池袋 整体 鍼灸■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳84、大動脈瘤の臨床例(8)

   第8例

荒◯某 40歳

4年前から右胸部に疼痛がある。大正1年5月動脈瘤であると診断された。以来、しだいに増悪し、去年9月に2日2晩にわたる激痛の後、とつぜん瘤は右R3間からはずれ、数日足らずで今日の大きさとなった。自覚的な主訴としては胸壁前後の動脈瘤所在部の発作的疼痛であり、立ったり座ったりしてもひどくなるという。

現症。体格よく、胸部R2からR6にわたり膨隆した瘤がある。横幅4インチ、縦3インチ、高さ1インチ、抵抗感が強く、拍動があり、雑音は聴こえない。

診断。胸部上行大動脈起始部動脈瘤。

治療。打療を朝夕2回施した。日ごとに退縮し、形状が変わってゆくのがわかった。しかし肋間から逸脱した動脈瘤は骨間に絞約され、しかも胸壁と癒着してしまっているので、圧迫症状すなわち痛みは容易になくならないようである。今後どこまで退縮するかは予測不可能である。

大正5年10月

江古田 整体 鍼灸

 

大正5年9月

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳83、大動脈瘤の臨床例(7)

   第7例

伊◯某女 49歳

整体 練馬 鍼灸

生まれつき体質は弱かったが、これといった大病はしたことがない。本年6月、狭心症の発作をおこし、数週でどうにか穏やかさを取り戻していたが、8月に入って再発し、それ以来しだいに増悪し、ついに一日数回の発作をおこすまでに進行している。その症状と言ったら全身がふるえ、心窩苦悶、心悸亢進、四肢厥冷、喉頭部に息苦しさを感じている。とくに嚥下のときに呼吸困難を増し、食事を控えざるをえないところまできていた。このような症状でヒステリーとして治療を施されていたが、長いことたっても軽快する兆しが見えなかったので、川井氏X線部の診察を乞うことにしたという。

X線所見。胸部大動脈瘤および気管支腺腫脹。

現在。一般に衰弱した心悸亢進の心音は分裂して不整であって、患側の眼球が突出し、手指の震えや、瞳孔が不整で、患側の視力は著しく低下する。

治療。第一回の打療で発作は来なかった。翌日来院時には諸症軽快して、全身の自覚症状が一変し、光線に体する羞明も消失した。視力は日々に回復し、4日で手指の震えも止まり、一週間で嚥下による呼吸困難や嘔吐も消失した。

大正5年9月

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳82、大動脈瘤の臨床例(6)

   第6例

柴◯某 45歳

整体 新宿 鍼灸 肩こり

生まれつき強健な活動家であったが、一昨年前頃から窒息感や呼吸困難を感じ、ちょっとの旅行にも疲労してしまい数日の休養を必要とするようになった。以来、日を追うごとに増悪し、頭重、眩暈、胃部の違和感をおぼえるようになった。そして胸部および肩甲間部に疼痛や牽引されるような感じがある。左半身の皮膚知覚は鈍麻し、左上肢は挙上してしばらくすると麻痺し、さらに激烈な腰痛を訴え、極度な神経衰弱をおこしており、新聞も読み続けられないし、囲碁も絶対にできないというような状態になってしまった。

現症。心臓肥大。心音不整。左R3間に拍動する濁音部があって、患者自身も雑音を感じているという。

X線所見。濁音部に一致する胸部嚢状動脈瘤。

治療。C7打療10分間で視診上、拍動部の消失および患者自身が感じていた雑音は訴えなくなった。帰宅後、心身爽快でまるで生まれ変わったかのようだと言う。その数日後から50数日入院させて治療したら、諸症状は消失し、わずかにときどき肩甲間部の違和感があるくらいで、元気回復して退院した。

大正5年8月。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳81、大動脈瘤の臨床例(5)

   第5例

安◯某女 47歳 

数年前から胃に発作性の痙攣があり、つねに注射で治しているという。ところが最近、その発作がひどくなってきており全身の栄養状態もしだいに衰え、ついに癌ではないかと疑われ川井氏X線部でその真偽を診察してもらってきた。すると意外にも胸部に大動脈瘤がみつかり、胃の症状もこれのせいだろうと当院を紹介された。

はじめX線室において診断を受けるときも患者は衰弱しているため目眩をおこすので瞬間的な照射のみで検査したらしい。

現症。胸部の打診や聴診では異常は認められない。心窩部において胃の部分に抵抗と圧痛があり、一般に衰弱いちじるしい。

治療。打療を施すこと5日におよんで疼痛はまったくなくなり、胸部圧迫感および嘔吐もとまり、食欲は増進した。胃部の圧痛や抵抗感も消失し、3週あまりで栄養状態も回復、元気に退院した。

大正5年5月

 

AFINA 整体 鍼灸 均整■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳80、大動脈瘤の臨床例(4)

   第4例

小◯山某 57歳

もともと強健。一年前から左季肋部に疼痛を感じている。胃の症状を訴える。右側の下肢に間歇性跛行に類する歩行障害がある。胃腸の疾患として某病院に入院しずっと治療を受けていたが、しだいに衰弱してきて安心していられなかった。ついに5月上旬順天堂においてX線検査により胸部大動脈瘤であることがわかり、この治療を受けるべく当院に来院した。

新宿 整体 鍼灸 治療

 

現症。立位での胸部の打診、聴診では異常はないが、臥位では左R2において著明な雑音が聞こえる。心窩部左、腹直筋に抵抗つよく、やや膨隆した部分がみとめられる。表在静脈は怒張し、おすと圧痛がある。大動脈瘤の猫喘を触知され、左側の股動脈には拍動はない。試しに表在静脈を圧すると健側にくらべて静脈内の血液が戻ってくる時間が非常に遅い。これが歩行時の間歇性跛行の原因であろう。

X線所見によれば、胸部大動脈弓部より下行部にわたる嚢状動脈瘤であり、ためしに射影中にT10を圧したら2cmの拡張反射がみられた。

療法。打療二ヶ月あまりで栄養状態回復して、胃部膨隆抵抗および静脈の怒張は消失し、手に触れていた動脈瘤の猫喘もまったく感じられないまでになり、ふたたび社会活動に復帰して、今なお健在である、

大正5年6月

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳79、大動脈瘤の臨床例(3)

   第3例

吉◯某 49歳

 

既往症、23年前に梅毒にかかり一昨年の10月頃はじめて胸部に違和感をおぼえ、ときどき鈍痛がある。動脈瘤であるとの診断を受ける。局部に注射療法を受けたけれども効果なく、むなしく退院。寿命は天に任せるよりないということになっていた。

現症状。自覚症として右胸部の前後および右手に波及する疼痛があって、右の肩甲部にはとくに圧痛があって、枕をその間に挟まないと仰向けに寝ることもできない。歩行に際しては胸部苦悶、呼吸困難および疼痛のため、脚を前に出す勇気も出ないと訴える。

視診では右胸R3以下胸骨縁に接して手掌大のは駆動する部分がある。胸壁があって膨隆しない。打診上は濁音があるが聴診では雑音がない。静脈は怒張している。

診断。上行大動脈瘤。

療法。打療法一週めで濁音の境界および拍動がおおきく減った。自覚症としてはわずかに肩甲美に圧痛点があるのみ。胸部の違和感や歩行時の苦痛は消失し、完全に治ったようだとのこと。

大正5年6月

 

整体 治療 鍼灸 大江戸線

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳78、大動脈瘤の臨床例(2)

第2例 

高◯某 49歳

 

生まれつき健康で,、少しお酒をたしなむこと以外はほかに問題とするところもない。ただ27歳のときに脚気を患ったことがある。ワッセルマン氏反応陰性。

主訴は、数年前から両肩から上腕部にわたって発作的牽引性疼痛があって、頚まで痛くなったときには喘息発作をおこすという。そして同側の頚部にいちじるしい知覚過敏があって、自分でそこをおさえれば喘息発作が鎮静することに気がついている。なおその発作は本人が好きな謡曲を演じることでいつでも誘発できるらしい。

X線所見は胸部大動脈瘤であり、謡曲によって動脈瘤が拡張され、気管を圧迫して喘息をおこしている。頚部の知覚過敏な部分をみずから圧迫すると症状がなくなるというのは、迷走神経を圧迫することによって動脈瘤が縮小し、鎮静しているのである。しかし真性の咳嗽で喘息であればかえって増悪させるものであるからである。

この患者の治療効果は数回の治療で中止してしまったので不明である。

大正5年6月

アフィナ 鍼灸 整体 大江戸線

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

Afina現代語訳77、大動脈瘤の臨床例(1)

 第1例

 

西◯某 61歳 東京

生まれてこのかた、これといった疾患に悩まされたこともなく強健で、酒もたしなまず、しかも梅毒の徴候なし。しかし20年近く喘息に苦しみ、、今年三月頃から、少し運動しただけで背部から胸部にわたって緊引性の疼痛を感じている。咳嗽は痙攣性であたかも疫咳のようである。

 

現症状 

頚部右側の静脈および胸部の上半分、とくに右側において表在静脈がいちじるしく怒張し、発作が増悪すると怒張はいっそうひどくなって、窒息しそうだと訴える。

打診では、胸部より左右に濁音が聞き取れる部分が広く約7cmにわたり、望診では胸壁が拍動しているのがわかる。聴診では、T3、4間を圧迫しても喘息性の雑音は消えなかったので、動脈瘤の診断のためにC7の打療法を10分間おこなってみた。すると、胸部の苦悶および痙攣性咳嗽は忘れてしまったかの陽に消失し、頚部静脈の怒張も治まって、むしろ快感だというほどまでに回復した。治療継続2週めで自覚症状は完全に消失、自身の仕事に復帰することができた。それ以来ときどき軽い咳嗽や咽喉の異物感を訴え来院し、だいたいいつも打療を5分間受けると異常感は消失する。しかし頚部や胸部の静脈の怒張は二度と患者を苦しめることはなかった。

大正3年10月

アフィナ AFINA 大江戸線 胸苦しい

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳76、大動脈瘤のエブラム療法

   エブラム氏療法

 

エブラムは脊髄の大動脈収縮反射中枢を刺激するために、C7の棘突起またはその両側の打療で対応した。動脈瘤のいちじるしい収縮によっておきた症状を速やかに消散する方法を発見し、1911年、40例をイギリスの医学雑誌に発表して大きな注目を浴びた。それ以来、各国から報告された症例は非常に多く、いまや胸部大動脈瘤に対して有効な唯一の治療法とされている。しかし、なかには効果がないという非難の声もあったけれども、これらは痕になって術者の未熟、または不適当な器械を用いていたことがわかっている。

打療の効果については始めの数回の治療において、圧迫症状がいちじるしく軽快し、以後、しだいになくなるのが通例で、およそ3週めで何の自覚症状も感じなくなることが多い。しかし圧迫症状の再発を防ぐには長期間の治療を受ければそのぶん、ますます良好となる。

アフィナ 血管 整体のサムネイル画像のサムネイル画像

大動脈瘤の収縮反射療法ほか、ワッセルマン反応の有無を確認せず駆微療法を試してみたり、大動脈反射機能を弱める薬品は使用してはならない。

大動脈瘤の種類において、防水状の大動脈瘤は嚢状のものに比べて自覚症状の治癒成績ははるかに遅い。

末梢の動脈瘤に対してこの療法を試してみたことがあるけれども、胸部大動脈瘤のようには反射収縮をおこさなかった。したがってこれは効果のないものとする。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>