ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳81、大動脈瘤の臨床例(5)
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳81、大動脈瘤の臨床例(5)

   第5例

安◯某女 47歳 

数年前から胃に発作性の痙攣があり、つねに注射で治しているという。ところが最近、その発作がひどくなってきており全身の栄養状態もしだいに衰え、ついに癌ではないかと疑われ川井氏X線部でその真偽を診察してもらってきた。すると意外にも胸部に大動脈瘤がみつかり、胃の症状もこれのせいだろうと当院を紹介された。

はじめX線室において診断を受けるときも患者は衰弱しているため目眩をおこすので瞬間的な照射のみで検査したらしい。

現症。胸部の打診や聴診では異常は認められない。心窩部において胃の部分に抵抗と圧痛があり、一般に衰弱いちじるしい。

治療。打療を施すこと5日におよんで疼痛はまったくなくなり、胸部圧迫感および嘔吐もとまり、食欲は増進した。胃部の圧痛や抵抗感も消失し、3週あまりで栄養状態も回復、元気に退院した。

大正5年5月

 

AFINA 整体 鍼灸 均整■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/210