ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳103、胃の収縮反射
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳103、胃の収縮反射

   1、胃の収縮反射

胃痛 整体 鍼灸

胃は下の方法によって収縮反射を起こす。

1、トローベー半月型部叩打

半月型部は胃の噴門部にあたるので打診するとつねに鼓音を呈する。試しに打診板を半月型部の中央におき、打診椎で強く連打すると、鼓音だったものが濁音を呈するようになる。この現象を称して胃の収縮反射という。

 

2、腰椎の叩打

L1、2、3を強打すると同じように胃は収縮反射をおこす。

 

3、迷走神経機能亢進

徐々に頭部を後ろにそらせて頚部を強く伸展し、迷走神経を亢進させると胃の収縮反射をおこす。

 

4、一定の脊椎圧迫

指頭または圧迫器によって強くL1、2、3脇を圧迫しても同じような現象をおこす。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/236