ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳106、胃の収縮反射の打診上における価値
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳106、胃の収縮反射の打診上における価値

◯胃の収縮反射の打診上における価値

胃の打診によってその上縁および下縁を明瞭に知ることは簡単ではないが、迷走内臓検査法をつかえば打診しやすい。

「胃の迷走内臓検査法(Vago-Visceral method)」、これをおこなうには、患者の頚部を徐々に強く後方へ伸展させること。そうすれば、迷走神経は亢進し、臨床上胃の収縮反射を起こし、立位で軽打すると濁音を呈するに至り、境界が非常にクリアになる。食欲不振 整体 鍼灸

L1、2、3の叩打は、胃の打診法には適さない。なぜなら腸も同様に収縮させてしまうからである。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/239