ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳111、腸の収縮反射
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳111、腸の収縮反射

腸の収縮反射がおこるかどうかは、打診してみて鼓音が濁音に変わることで察することができる。ところでこの反射は内臟反射中もっとも長く持続するものであり、5分間以上におよぶ。とくに小児では大人よりも持続時間が長い。この反射現象はL1、2、3棘突起の叩打または椎側の強圧で喚起することができ、左側を圧するときは左側のみが収縮し、右側を圧するときは右側だけが収縮する。棘突起の叩打の場合は両側に反射現象が引き起こされる。

腸 整体 鍼灸 均整

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/248