ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳115、肝臓の反射
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳115、肝臓の反射

   第一 肝臓の反射

 (イ)肝臓収縮反射

肝臓の収縮反射は以下の方法で引き起こすことができる。

1、肝臓部の皮膚刺激。

2、肝臓のあるどの部分でも打診板をあて、打診槌で強く連打。

3、L1、2、3、棘突起の叩打または両側の圧迫。

4、C7の叩打。

これらのうち、3がもっとも顕著に反応する。打診上、肝臓の下縁を知るには少し体幹を反らさせて、助手に後から脊柱を支持させておいておこなうこと。

 

 (ロ)肝臓拡張反射

肝臓の拡張反射は次の方法によって引き起こすことができる。

1、指頭でつよくT11の右側を圧迫する。

2、T11棘突起を叩打する。

肝臓の収縮反射現象は、L1の打療によって乳頭線上においてその濁音は12cmから7cmに減縮する。一方、拡張反射現象はT11の打療によって乳頭線上において12cmから16cmに拡張する(第36図および第37図の点線は反射現象)。

 

肝臓 整体 鍼灸

肝臓 身体均整法 鍼灸

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/252