ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>脊髄反射的療法、現代語訳>Afina現代語訳116、肝臓の血行障害
脊髄反射的療法、現代語訳

Afina現代語訳116、肝臓の血行障害

   第二 肝臓に関する血行障害

消化しているときは生理的に肝臓は充血するものである。しかし暴飲暴食を続けていると病的になり、さらに進行すると器質的な変化を起こしてしまうこともある。右季肋下に◆重満感および消化不良を訴える患者は、オスラー氏のいわゆる肝臓鬱血によるものが多い。おそらく、肝臓には全身血液量の1/4が蓄えられているとされているが、消化中はさらに増加する。したがってこの種の消化不良症では食後に眠気を催し、脳の貧血によって四肢に冷感を感じる。その他、右心室の鬱血を起こすすべての疾患は肝臓虚性充血をきたし、臓器の腫脹を伴うことが多い。

肝機能 整体 鍼灸

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nihaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/253