ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体>外傷

外傷

ぶつけた肋骨が痛い、新宿区西落合の男性。

メンテナンスに毎週通ってくださっているクライアント。

 

転んでぶつけた脇腹が触ると痛いんだとのことでした。

 

やさしく触れてみると、

もうそんなに熱感もなかったので、

「冷やす必要はなさそうですね」などと話しながら、

しかしいちおう反対側の胸を軽く押して確認してみました。

すると、

「イタッ」

と、

押したところではなく、

反対側のぶつけたところを痛がっていらっしゃいました。

 

これは介逹痛といって、

骨折などのときにみられる症状です。

 

なので体幹部にはそれ以上ふれず、

骨会、髄会と呼ばれるツボを処理して、

均整法の秘密の操作をお伝えして、

 

肋骨骨折は平均二三週間はかかるものですが、

二週後にお会いしたときにはもう介逹痛もなくなって、

普段通りの調整でメンテナンスさせていただきました。

 

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>