ホーム>AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体

AFINA BLOG|豊島区の鍼灸整体

Afina現代語訳97、内臓血管神経衰弱症

腹部の血管運動神経の張力が充分でないため、腹部に静脈の鬱血をおこし、特異な神経衰弱症を呈するものをいう。

考えてみると腹部内臓、つまり消化器に属する臓器の血管は、身体のほかの部分に比べて最も多量の血液を含有している。その多少にしたがって順番をつけると次のようになる。

1、腹部内臓

2、脳

3、筋肉

4、皮膚

 

腹部内臓の血管は身体全体の血液量を受容することができるだけの容積があり、動物の門脈を結紮すると、ほとんど全身の血量が腸および肝臓の血管に貯留し、自身の静脈内に出血してしまったかのようになってしまう。人は日常直立しているので、血液にかかる重力は腹部内臓の血管に向かって下降する。試しに動物の足を捕らえてぶらさげると、心臓へ送られる血液の量は減少し、したがって血圧は低下する。しかし健康体においては体位の変換によって重力の血液に及ぼす影響は、腹部内臓血管の収縮および呼吸器の活躍によってうまく調整されており、血圧の平衡をたもっている。これに適切な冷は、試みに飼育している家兎の耳を捕らえてぶら下げれば、しだいに意識を失い、30分足らずで絶脈してしまう。これは脳の血液が重力のため腹部に降りて脳貧血をおこしたものに違いなく、これを横臥させるか、もしくは腹部を強く圧してみるとただちに蘇生する。逆に野生の野生の兎は長い間この試験をおこなってみても、変化に応じる血管の調節が充分なので容易には心臓が止まってしまうということはない。

腹部内臓神経は腹部血管の血管運動神経であり、これを興奮させると内臓血管は収縮し、切断すると拡張する。内臓血管の拡張は身体のほかの部位の貧血をきたし、ひどいときはこのために死に至ることもある。

これらの動物試験による成果を簡単な方法で人体に現出させることができる。

 

①腹部内臓神経はD5〜12に由来しており、これに相当する脊椎はD2〜8である。なのでこれらの突起を叩打すると腹部内臓神経は興奮し、内臓血管は収縮する。そのため右心室に送還される血量は突然増加し、右心室の濁音界に変化がおこる。これを腹心血流現象(cardio-splanchnic phenomena)という。

②tついで健康成人に試してみる。横臥より起立すると第28図に示すように、下腹部の血管の豊富な二カ所に濁音がみられる。しかしこの現象は深呼吸、またはD2〜8の棘突起をしばらく連打していると、内臓血管が収縮してすみやかに消散する。

⑶大きな吸角を臍部の上に当て、空気を吸引すると28図のような現象をおこす。

④横臥の姿勢でD2〜8までの棘突起を連打して内贈血管神経を興奮させると、起立しても第28図のような現象を起こすことはない。

⑤下腹部に濁音のない人で、起立姿勢でD9、10、11、12の棘突起を連打すると、容易に同一部に濁音を生じさせることができるので、これらの脊椎に相当する脊髄節を刺激すると、腹部内臓神経の張力が減少するため、血液は弛開した腹部の血管に鬱滞してしまう。

⑥腹部内臓神経衰弱症では、下腹部の濁音は融合して広汎な濁音部となって存在する。症状が増悪すると濁音界は広く、快復するにしたがって縮小するものである。

 

   ◯腹部内臓神経の強弱

内臓神経の強弱を数百例の実験によって次のように区別すること。

⑴横臥姿勢から起立しても下腹部に濁音がみられない者は理想的な内臓神経の張力を有している。

⑵ 体位の変換によって濁音部は現出するが、約3分ほどで消失する者はふつうの張力を有する者である。

⑶横臥から起立して3分間以上広汎な濁音部が消失しないときは内臓神経衰弱を示している。

⑷起立のままで濁音部が持続的にある者は強度の内臓神経衰弱を示している。

 

   療法

内臓神経衰弱の療法として打療法は抜きん出ている。打療法は短時間で神経を興奮させ、長時間ではかえって反対の結果をきたしてしまうので、ふつう10分間を超えて施術してはならない。

 

 

内臓血管神経衰弱症 整体 鍼灸

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳96、止血作用

C7打量によって数分感で血管を縮小することができるので、これを止血の目的で試してみた。

鼻血、子宮出血、子宮頸部癌腫(侵蝕出血)、歯齦出血、など。

これらの疾病中、慢性でほかの手段では容易に止血できないものにもよく功を奏す。癌腫のようなものは出血が再びおこることがあるが、ほかの手段に比べてはるかにすぐれている。これによって周囲の炎症は消え、疼痛も消散し、体力の消耗も抑えられるので病勢の進行を弱め、寿命を延ばすことは論をまたない。

止血作用 整体 鍼灸

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳95、自家中毒

特異な徴候としては食後に頭部充満および拍動を感じ、しだいに全身の血管が拍動するのを自覚し、沈鬱となって終業不能を訴える。

消化性の自家中毒は食後数時間で緩解するものであるが、血管神経障碍により毒素に体する抵抗力が落ちているものにはC7打量はとても効果がある。

201610603743.jpegのサムネイル画像

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳94、冷え(四肢厥冷・アクロプシクロステシ)

手足が冷えると訴える患者は、凍傷、酒さ鼻、神経衰弱症、ヒステリー、およびその他の神経性疾患で、血管運動神経障害の症候を主として、全身拍動性感覚、ことに頭部および顔面は紅潮し、神経衰弱症の慢性的な頭重、緊約感のあるものなど、血管運動神経性徴候に対しては、C7打量は著効がある。

 

   甲状腺腫兼血管痙攣症

松◯ 某女 50歳

15年前から甲状腺腫脹。大正元年、両側の乳房摘出。それ以来、血管神経に変調がみられるようになり、顔面が紅潮することが日に数回に及ぶ。四肢末端によくみられる血管痙攣症は両手指先端に際立っている。すなわち左手は中指および拇指の外側第2関節より先端、右手は第4指にみられる。毎朝血管痙攣症状がみられ、蒼白、冷厥であたかも死んだような状態である。暖かい湯に浸すと十数分間で回復し、終日異常ないようになるが、ここ数年は毎朝これを繰り返している。C7の打療を施し、数日で手指先端の血管痙攣症は現れなくなり、顔面紅潮の度合いも減った。とはいえ、再発するかどうかは今後の経過を待つしかない。

 

冷え 四肢厥冷 アクロプシクロステシー■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳93、鼻炎(鼻カタル)

初期においてはC7の打療により消失させられることもある。

少々進んで鼻腔が閉塞してしまったものでも数分の打療を加えればコカインを塗布する程度に充血を取り去って開通させることができ、分泌もそれに準じて変化する。

鼻腔から反射的にきた喘息は、C7の打療によってすみやかに緩解する。鼻粘膜は耳管、喉頭、気管、気管支に連続するので、それらいずれの充血も、C7打量によって、いちじるしく軽快、または初期においては消失させることもできる。

鼻炎 整体 鍼灸

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳92、バセドー氏病

 

治療の結果から原因を推測すると、血管神経の麻痺からくる疾患であり、C7の打療によって血管収縮をうながすと、症状が軽快、または全治する。薬物、または外科的な治療においても、甲状腺の縮小を目的としているので、血液供給の増減によって甲状腺の刺激を左右しうる。

打療によって迅速に消失する症候は、心動の急速症、顔面紅潮、発汗および震戦があげられる。実験によれば腫大した腺は数回の治療後に縮小した。しかし眼球の突出は少数の例で、2/6は持続したが治療ごとに縮小していった。

 

〔エブラム氏の例〕脈拍106のいたる患者。震戦もある。身体各部の筋肉が少々の運動に疲労を感じ、甲状腺も腫大していた。治療3回の後、脈拍は130。8回で88にまで減少、しかしそれから5回の後、ほかの症状はほとんど消失し、甲状腺も正常な大きさに縮小した。眼球突出のみ、退縮はしたけれども全治はしなかった。

 

ターンブル氏およびその他による報告の例はすこぶる多いが、簡単な治療法で、しかも短時間で治癒するので賞賛しないものはいない。諸報告の中で、眼球突出がまったく退縮しないものは、眼窩脂肪沈着によりミュラー筋の収縮がみられないが、依然としてその症候を持続するものである。

 

〔ターンブル氏の例〕15年間持続したバセドー氏病患者、甲状腺の血管結紮の手術を受けたが効果はなく、それぞれの症状はしだいに増悪している。2週間の打療で甲状腺は縮小、心動急速症、震戦なども消失した。しかし月経の際に2日間だけ少し腺の腫大に傾いたが、それも打療によって治癒した。

 

 

バzセドー氏病 整体 鍼灸■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳91、偏頭痛

原因が分からないものがあり、血管神経のニューローシスとして片側の顔面蒼白となるものがあり、あるいは紅潮するものもある。前者は血管の攣縮であり、後者は麻痺に起因する。エブラム氏は8名の患者にC7の叩打療法を施した。結果は4名が全治、2名は軽快、あとの2名は変化なかった。

(附)慢性頭痛には血管収縮または反対に拡張中枢に打療を加えて全治することが多い。

201610603743.jpeg

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳90、血管運動障碍の治療法

血管運動障碍の治療は難しく、臨床上、血管収縮神経または拡張神経の脊髄における中枢をそれぞれ該当する棘突起から刺激するわけだけれども、収縮神経ではいくらか効果がみられはするものの、拡張神経においては影響しないと言っても過言ではないかのようである。

大動脈収縮反射をおこすには、前述した通りC7、拡張反射にはT10を叩打することで最もよくその目的を達することができ、そして全身の血管にも応用して効果あるものと考える。

試しに健康成人のC7を叩打すること1分間におよぶと顔面および四肢が少々蒼白に変化することを目撃することができるだろう。これに反してT10を叩打するとその蒼白は転じて紅潮してくることだろう。しかしこれは比較的そうだということであって、施術者は注意して観察しなければならない。

以上の実験により、血管麻痺の徴候にはC7、血管攣縮にはT10を打療することによってもし反射現象がみられたときには、血管運動障碍を治療すること。とはいえ、数回の治療を経ても変化が感じられなければ効果を出すことが難しい場合もある。

アフィナ 血管 整体のサムネイル画像のサムネイル画像■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳90、血管運動神経疾患の分類

古くローマの金言に「治療の結果で疾病の性質を知る」とあるが、じつに今日においても、わざわざ独立した疾病として記載されているが、たんに一つの症候に過ぎないというようなものは少なからずあり、血管運動神経の疾患においても、その治療の結果により次のように分類する。

 

甲  血管攣縮性

症候、刺激によって血管の反射作用をおこさない。皮膚は知覚異常を呈し、局部は血液供給異常のため新陳代謝および機能の障碍をきたす。

1、間歇性跛行

2、一時的発作麻痺。失語症。半盲症(脳の血管の攣縮に起因する)

3、坐骨神経痛における下肢血管の反射的攣縮。不全麻痺。知覚障害および攣縮。

4、レーノー病

5、片頭痛。

6、肢端知覚異常症(アクロパラセシーア)

 

乙  血管麻痺性

症候、皮膚は斑紋性外観を呈し、自覚的熱感、知覚異常(知覚および疼痛の過敏性)。とくに焼灼感がある。

1、紅肢症(エリトロメラルギー)

2、踝関節痛(アクロデニア)

3、動脈瘤

4、バセドー病

5、鼻カタル(一部の)

6、四肢の冷感。

7、神経性血管麻痺。

8、ある中毒症状。

 

 

 

アフィナ 血管 整体のサムネイル画像

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>

 

Afina現代語訳89、血管運動神経の病理

1)血管運動ニューローシスは血管の攣縮と麻痺である。

(イ)血管攣縮

皮膚蒼白、冷寒、および栄養障害をきたし、もし表在血管が障害されたときは知覚麻痺および鵞膚状を発症する。

大血管の攣縮には間歇性跛行をおこし、患者は歩行中にとつぜん脚部が脱力してしまい歩行が困難になってしまう。

一時的失語症、知覚および運動麻痺は脳血管の攣縮に原因がある。

静脈も同じように攣縮状態をおこすことがあり、そのために毛細血管内の血液は流逸することができず、患部は藍色および浮腫状にかわり、ついで栄養を害して壊疽に至る。

(ロ)血管麻痺

これは血管収縮神経の麻痺または過度の血管拡張神経の亢進からおこるものであり、その徴候は静脈の攣縮と同じように、藍色、冷感、浮腫状をていして灼けるような激痛を訴える。

 

2)紅枝痛(エリトラメラルギー)

足蹠が充血して発泡からおこる。火傷のような痛みのある症候で、発作的にくる血管運動障害である。

 

3)血管運動神経性浮腫

身体の一部分に急激な浮腫をていする症候である。顔面、頚部、咽頭、および四肢におこることが多い。

 

4)血管運動神経張力の減弱

神経衰弱症、ヒステリー、婦人更年期などにおこり、顔面紅潮または蒼白がとして襲ってくるものである。血管循環が悪く、手足や顔面など冷たく、しかもつねに充血しているのは、血管運動装置の一部に変調をきたして平衡を失っているものが多い。著者は厚顔摘出後、および乳房切除後においてもみたことがある。

アフィナ 血管 整体のサムネイル画像のサムネイル画像

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こちらから何時でもご予約受け付けております!!

Afina24時間WEB予約

 

☆現代語訳『脊髄反射的療法』(スポンデロテラピー)について。>>

☆手技を学びたい!>>